本文へ

刑事弁護フォーラム

HOME > 活動案内 > 若手ゼミ > 第140回若手ゼミ

第140回若手ゼミACTIVITY INFORMATION

ケースセオリーの立て方

日時
平成30年12月17日(月曜)午後6時~8時
場所
弁護士会館5階
講師
山本衛・山田恵太・徳永裕文・髙橋宗吾・上野仁平・佐々木さくら弁護士

刑事弁護では,ケースセオリー(求める結論を導く説得的な論拠)を立て,これを前提として活動することが重要であることは,ご存じの方も多いかもしれません。しかし,皆さんの中にはケースセオリーをどう作ったらよいのかが分からないという方もいるのではないでしょうか。今回は,『ケースセオリーの立て方』をテーマとして,痴漢事件を題材に,グループワークを通じて実際にケースセオリーの作り方を学んでもらいたいと思います。

今回は,通常の若手ゼミとは異なり,参加していただく皆さんでグループに分かれ,証拠の検討や有利・不利な事実の抽出,反対尋問事項の検討等の議論を行っていただくことにより,主体的にケースセオリーの立て方を体験していただきます。複数人で考えることが推奨されるケースセオリーを,模擬教材を使って実際に検討し,講師とともにケースセオリーの作り方を体験できる貴重な機会です。参加希望の方には事前に使用記録をメールにて送付し、検討の上でゼミに参加していただくので、申込FAXに記録送付先のメールアドレスをご記入ください。

※ゼミ修了後に講師陣を囲んだ懇親会を予定しておりますので、是非ご参加ください!

若手ゼミに参加するには

若手ゼミへは、自己の刑事弁護技術の研鑽と向上を望む弁護士であれば、どなたでも参加できます。刑事弁護フォーラムの会員に限りません。また、「若手」でなくても大歓迎です。
若手ゼミに参加を希望される方は、E-mail:zemi@keibenforum.net(担当:贄田)まで、以下の事項をメールでお送り下さい。

件名
「_月_日の若手ゼミ参加希望」
本文
①お名前  ②期  ③懇親会への出席・欠席
④(あれば)持ち込み相談したい事件の概要

事前連絡なしの飛び入り参加も歓迎いたします。ただ、会場の準備の関係上、可能なかぎり事前にご連絡ください。 
若手ゼミについてのご質問等は、同じく上記メールアドレスまで、お気軽にメールでご連絡下さい。

コンテンツメニュー

入会案内

刑事弁護フォーラムでは皆様の積極的な参加をお待ちしています。まずは入会案内をご覧下さい。

入会案内はこちら

会員ログイン