本文へ

刑事弁護フォーラム

HOME > 活動案内 > 若手ゼミ > 高知ゼミ

高知ゼミACTIVITY INFORMATION

障害のある人の刑事弁護〜捜査・公判から医療観察法まで〜

日時
2019年6月5日(水)午後2時~午後5時
場所
高知県弁護士会3階(高知市越前町1丁目5-7)
講師
高山巌弁護士(大阪弁護士会)、山田恵太弁護士(東京弁護士会)

これまで障害のある人の刑事弁護を経験した方は多いのではないかと思います。 責任能力を争うことも、量刑事情として主張することもあるでしょう。 捜査段階はどのような活動をすべきか、公判前整理手続きや公判ではどのような活動が必要か、悩みも多いと思います。 さらに、刑事手続きだけではなく、精神保健福祉法上の措置入院や医療観察法上の手続きに移行することもあります。 今回は、捜査・公判といった刑事手続だけでなく、措置入院や医療観察など広くどのような活動をすべきかをテーマにゼミを行います。 刑事手続については、責任能力を争い無罪を獲得したご経験のある高山巌弁護士をお招きし、高山弁護士が担当した具体的事例に基づいて、弁護実践についてご講義いただきます。 措置入院や医療観察法などについては、障害者の刑事弁護について熱心に活動され、経験豊富な山田恵太弁護士をお招きし、ご講義いただきます。 刑事手続から医療観察まで幅広く学べる貴重な機会ですので、どうぞ奮ってご参加ください。

ゼミ終了後に講師を囲んでの懇親会も予定しています。是非ご参加下さい!

参加するには

参加を希望される方は、刑事弁護フォーラム事務局(やいろ法律事務所 市川耕士)宛FAX(088-879-9771)またはE-mail(kou19860905@gmail.com)にて、事前に以下の事項をお知らせください。

  • お名前
  • 修習期
  • 懇親会のご出欠:出席/欠席
  • TEL
  • FAX
  • 刑弁フォーラム:会員である/会員でない

コンテンツメニュー

入会案内

刑事弁護フォーラムでは皆様の積極的な参加をお待ちしています。まずは入会案内をご覧下さい。

入会案内はこちら

会員ログイン